軽くて、しっかり

フラットトング

仕事柄調理器具のカタログをよくいただくんですけど、
それを見てて改めて思うのは、
トングの種類と数の多さ!
言ってみれば挟むだけなのに、
用途や素材などによって大小さまざまなトングがあります。

とはいえ、家で使うとなると
用途ごとに専用のものを何本も持っておくというよりかは、
できるだけ少ない本数でなんでもできる方がいい。

オーソドックスなトングは丈夫な反面、
縁が巻き込んでいて汚れが溜まりやすかったり、
バネの部分にスプリングが使われていて、
これまた汚れやすく洗いにくい。
閉じたままにできるストッパーも便利な反面、
使っていて閉じてしまうことも。

スッキリした造りのものでも
長さがちょっと短かったり逆に長すぎたり、
挟むのに固かったりと使い勝手の面でもうひと押しと思ってしまう。
そんな感じで、たくさんあるのに
微妙にしっくりくるものが見つからなかったのが、
ようやくこれだ!と思えるものを見つけました。

一見普通のトングだけど、まず板厚を薄くしてあります。
だからトング自体が軽い。
バネの部分は曲げただけに見えますが、
特許技術で強い弾力性を持たせてあるので、
板厚の薄さも手伝って軽い力でしっかり挟めて、
その弾力がへたれてきません。

ただ、薄くしすぎると今度は強度がなくなって
挟む時にフニャッとたわんでしまうから、
かえって力を入れてギュッと挟まないと
うまく掴めなくなってしまうのでこの塩梅が大事。
強度を保ちつつ、先端もピッタリ合ってたわみません。

柄の縁は巻き込まない程度に程よく丸めてあるので、
指への当たりが柔らかく、かつ汚れもたまりません。
長さに関しては慣れや好みもあるでしょうけど、
手元が熱くなりやすいガス火だと
25cmくらいあった方が安心だと思います。

サイズは大小2種類。大はパスタや揚げ物はもちろん、
分厚いお肉をひっくり返したり炒め物にも使えます。
BBQの時なんかもいいかもしれません。
小はテーブルでの取り分け用や
焼き網でちょっと炙ったりするとき、
グリルで魚を返すのにもいいですよ。

余談ですが、以前大好きなデザイナーさん宅に
おじゃました時に
「トングをデザインしたいと思っていたけど、
これを見つけてもうデザインしなくていいと思った」
と、最近発見したというそのトングを見せてもらったら、
これと同じものでした・笑。
お互いにずっと自分にぴったりくるものがないと思っていて、
同じタイミングで同じものを見つけるという
なんともうれしい偶然があったこともあって、
余計にこのトングが気に入っておりますです。

サイズ
大:W250mm×H35mm / 71g
小:W175mm×H25mm / 38g
材質
18-0ステンレス
生産国
日本

フラットトング

¥670 〜 ¥850(税抜)

レターパックライト対応

サイズ