初心忘るべからず

重ね鍋

来客時にも対応できる普段使いのグラスに
iittalaのカルティオを選んだのは、
スタッキングした時のコンパクトさにありました。
初めて選ぶグラスだったから、その判断基準に
「口当たり」なんていうハイレベルなものはもちろんなく、
ただただ省スペースにストックできる
という点だけで選んだグラスでした。

思えば判断材料の乏しい自炊ビギナーズ時代は、
「省スペース」というキーワードにえらく過敏に
反応していた気がします。

カルティオよろしく省スペースに収納できる、
スターターキット的なノリで選んだこの重ね鍋。
スターターキットなんてきくと
「とりあえずこれで始めていずれは買い替えて…」みたいな、
なんとなく長く愛用できるイメージが沸かないですが、
この重ね鍋はスターターキットとしてこの上ないもので、
そして未だに手放せない台所の強い味方なのです。

カルティオと同じように重ねて省スペースに収納できるのは
この鍋の大きな特徴ですが、ひとつカルティオと違う点は、
重ねた状態でも「使える」という所にあります。

コランダー × 深型鍋

まずコランダーと深型鍋。弁当生活を送っていた頃、
ついつい前日の晩ご飯の残り物で隙間を埋めていたお弁当も、
この組み合わせで作る蒸し野菜の美味しさと手軽さを味わってからは、
バカの一つ覚えのように毎日蒸し野菜を作るようになりました。

深鍋に水を張り、コランダーを重ねて野菜を
適当に切って放り込んで火にかける。
味付けは塩をパラリとかけるだけ。
簡単なんだけど本当に美味しい。
さらに野菜だけでは飽き足らず、
一緒にウインナーを蒸したり、
蒸しついでに深型鍋でゆで卵を作ったり。
この組み合わせで時間がない時でも
ラクして品目を稼ぐテクニックを身につけました。

蒸し野菜がアリってなると、野菜が中途半端に余っても
「蒸せばいいや」って思えるので、
献立を考えずにスーパーで適当に野菜をカゴに入れられる、
そんなアバウトに買い物が出来る感じも良かった。
あと余計な油分を使わないので洗い物もとっても楽です。

楽と言えば、体に良くないと分かっていても
たま〜に食べたくなるインスタントラーメン。
お湯を沸かすついでにコランダーで野菜を蒸せば、
簡単にトッピングを作る事ができます。

ボウル × 浅型鍋

チョコレートの湯煎で気をつけないといけないのがお湯の温度。
高すぎるとチョコと油が分離しちゃって
デコレーションに使えなくなってしまいます。
それともうひとつ、チョコレートに水分が混ざってしまう事。
ドロドロになってしまってこれまたおじゃんになってしまいます。

一般的には、サイズ違いのボウルを用意して、大きい方にお湯を張り、
そこにチョコを入れた小さいボウルを浮かせて湯煎します。
でも、このやり方だとチョコをかき混ぜる時に
いちいちボウルをお湯から外さないといけないし、
チョコにお湯が入ってしまうリスクも出てきます
(事実僕はパン屋のバイトで何度となくこのミスをして怒られた)。

まぁ気をつければいい事なんですが、
このボウルと浅型鍋の組み合わせのように、
しっかりと固定できるととても安心。

浅型鍋と深型鍋

浅型鍋は多分持ち鍋で一番多用しています。
コーヒー・お茶用にお湯を沸かす時はもちろん、
お味噌汁を作る時なんかもこれ。
1〜2人暮らしにはかなり便利なサイズで、
お味噌汁なら分量的に最大3人前くらい作れます。

深型鍋はパスタやほうれん草などの葉物を茹でる時、
あずきを煮込む時なんかにも使っています。

パスタは2人前ぐらいまで、
ほうれん草は3株ぐらいを茹でるのに丁度いいです。
水切りにはコランダーが使えます。
取っ手がついているのでやりやすいです。

耐熱ガラス蓋

この鍋を使おうと思った決定打は
このガラス蓋にあるといっても過言ではありません。

ツマミまですべてガラスの一体成形で出来ているので、
中が見やすいのはもちろん、ネジが緩んでツマミがとれたり、
縁に汚れが溜まったりというような鍋蓋にありがちなストレスも無し。
金属部分がないからレンジの時もラップ代わりに使えます。

小さな事ですが、毎日使うものなので
こういう所はなかなか妥協できません。

重ねられるのがこの鍋の特徴ですが、
頻繁に使うのであれば、重ねず個別に
フックに引っ掛けて収納すると便利です。

ただ、このテキストを書いていて、
学生の頃一人暮らしをしている友達の台所は
狭くて使い辛そうだったのを思い出しました。
特に賃貸だと壁に穴を開けられない条件の所がほとんどで、
収納方法も制限されてしまう。
そんなシチュエーションでは、重ねて収納できるのは
ありがたい仕様なんじゃないかなと思います。

もし周りに一人暮らしデビューする友人が出てきたら、
この重ね鍋をプレゼントしてあげたいですね。

セット内容
1.ガラス蓋 2.ボウル 3.コランダー 4.深型鍋 5.浅型鍋
サイズ
1. 約φ151×高さ57mm
2. 約幅268(φ150)×高さ81mm
3. 約幅268(φ150)×高さ81mm
4. 約幅265(φ146)×高さ122mm
5. 約幅265(φ146)×高さ74mm
全て重ねた状態. 高さ240mm
重量
1. 328g
2. 232g
3. 242g
4. 464g
5. 354g
全て重ねた状態. 1620g
容量
4. 1.9L
5. 1.2L
材質
1. 耐熱ガラス
2・3. 18-8ステンレススチール
4・5. 鉄三層鋼
備考
1. ガラス中に小さな気泡があります
2・3. 火にかけて使用しないでください
4・5. IH 200V・100V対応
生産国
日本

重ね鍋

¥1,500 〜 ¥12,000(税抜)

タイプ